李克強首相はカンボジアの友人として常に記憶されるだろう

フン・マネ首相は、中国の李克強首相が死去したことについて、中国首脳に弔電を送り、李首相は常にカンボジアの友人として記憶されるだろうと述べた。李首相は10月27日に心臓発作で死去した。68歳だった。

中国共産党第17、18、19期中央委員会政治局常務委員でもあった。

李首相は2013年から2023年まで中国の2番指導者だった。2022年10月に中国共産党政治局常務委員を退任し、2023年3月に退任した。

「彼の死は、中華人民共和国の歴史において最も著名な政治家の一人を失ったことを意味し、彼は個人的に国の安定のために従事していた」とフン・マネ首相は述べた。

フン・マネ首相、李首相は首相として2018年と2022年にカンボジアを公式訪問し、その際にインフラ、農業、エネルギー、健康から気候変動、習慣、技術、漢方薬、教育まで幅広い分野で数十の協力文書が調印されたと付け加えた。

また、李首相はASEAN-中国およびASEAN-プラス3首脳会議において、ASEAN首脳と積極的に関与する役割を果たしたという。

カンボジア人民党のフン・セン党首、セイ・チュム上院議長、クオン・スダリー国会議長が個別に書簡を送った。

中国の習近平国家主席、中国共産党中央委員会総書記に宛てた弔電の中で、フン・セン党首は、カンボジア国民は、両党の強い政治的結びつきに裏打ちされた両国と両国民の緊密な友好関係に対する李氏の貴重な貢献を常に忘れないと述べた。

クオン・スダリー国会議長もまた、中華人民共和国全国人民代表大会の趙楽済主席に哀悼の意を表した。

「李首相の中華人民共和国への貢献と、経済発展と国際関係の促進におけるたゆまぬ努力は広く認められている」と彼女は述べた。

彼女は、彼の先見的なリーダーシップ、揺るぎないコミットメント、両国間の協力強化への献身は、カンボジアと中国の二国間関係に忘れがたい足跡を残したと述べた。

2022年11月、李首相はシェムリアップ州で開催された中国とカンボジアの文化遺産交流・協力30周年を記念する展示会を訪れた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です