アルバンス社、カンボジアの空港で航空保安サービスを提供へ

民間航空局(SSCA)とAlbans Management SAは、カンボジアの国際空港の航空保安サービスを提供する官民パートナーシップ(PPP)契約に調印した。この契約は金曜日、プノンペンで民間航空局のMao Havanall担当大臣とアルバンス社のRaphael Albaladejo代表によって調印された。アルバンス社は、プノンペン国際空港、シェムリアップ・アンコール国際空港、シアヌークビル国際空港、ダラサコール国際空港など、カンボジアのすべての国際空港で航空保安サービスを独占的に提供する権利を持つ、Security Aviation Kampuchea社(サカム)の名のもと, 建設・運営・譲渡(BOT)方式による15年間のコンセッションのもと、航空保安サービスを提供する予定である。 国民の笑顔と希望があふれる豊かな国になるために、民間セクターの投資は優先事項であり、社会経済発展に貢献し、民間航空セクターを促進する重要なパートナーである。特に、国際基準に沿った航空保安サービスの質を向上させ、国際民間航空機関(ICAO)と国際航空運送協会(IATA)の要件を満たすことが重要である、とハバナル氏は調印式で述べた。 「航空セキュリティ・サービスの質を向上させることは、機会創出、卓越した競争優位性、付加価値の向上、航空事業者の利用者やその他の利害関係者からの信頼の獲得に貢献する」と述べた。ハバナル氏は、航空サービスの提供に携わるすべての関係者、特に国際空港事業者に対し、航空保安サービスの提供が政府によって合意された原則に従って支障なく円滑に行われるよう、高い責任をもって、この積極的かつ効率的なサカムに全面的に協力するよう要請した。サカムは、政府の法律、規制、ガイドラインに従って一貫して運営されるとともに、国際基準に従って適合性、要求事項、共通ガイドラインを遵守しなければならないと同氏は述べた。

ICAOとIATAの基準と要件に準拠することで、カンボジアは、成長、雇用、公平性、効率性、持続可能性を含む政府の第七委任の五角形戦略の5つのモットーに沿った観光、ビジネス、信頼性の活動の増加を含む、新しい航空会社を誘致し、乗客と貨物便を増加させるための機会と利点を得るでしょう。 SSCCの報告書によると、プノンペン、シェムリアップ、シアヌークビルにあるカンボジアの国際空港は、2023年上半期に合計248万人の旅客を迎え入れ、前年同期比270%の増加となった。 観光省は、カンボジアは2023年に500万人の外国人観光客を受け入れることができると予測しており、これは2022年の227万人から120%増加する見込みである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です